menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【三本の矢】パチンコもハイエナも、設定狙いも。
  2. スロプロ⇒○○???
  3. 朝比奈ゆきが「あの騒動後」業界復帰とサクラ行為にまつわるお話
  4. 【必見!!】スロットブロガーがどうやって稼いでいるのか暴露してみる
  5. スロット期待値から次のステージへ。傾き続ける業界の中で課せられるバラン…
  6. あけましておめでとうございます。
  7. 【業界終焉!?…】パチンコ釘問題の解説と今後登場するパチンコ台について…
  8. パチンコの平均負け額は300万!?サラリーマンの平均年収は400万なん…
  9. 【重要】当ブログの今後の方針について
  10. 阿鼻叫喚の東京!? 非等価になって設定はどうなったのか?
閉じる

スロット期待値一人占め~ぽのくんのパチスロブログ~

スロット 検定変更 AT機、ART機の規制強化について。~業界の未来を変えるために~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、はじめてスロットを打った時の感動を覚えていますか?

今回の規制で改めてパチスロ業界をユーザー、ホール、メーカーが今一度考え直す必要があると感じています。

一パチスロファンとして、素人なりの私目線で今の業界の現状を考察します。

すでに耳にされている方も多いと思いますが、以下のような通達がなされたようです。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

警察庁と一部のメーカーによる会合のなかで、パチスロの型式試験について警察庁より通達があったことが、パチスロメーカー関係者の話で明らかになった。

9月16日の保通協申請持ち込み分から、出玉試験の下限(出率55%)試験を、ずっと左打ち(順押し)にしてナビも無視する試験にすると警察庁から話があったようだ。

同関係者によると、「結果的に、現行AT機、ART機(ボーナス非搭載や、ボーナスが主でない機種)は、実質計算が成り立たたなくなるため、試験が通らない。通常から1000円あたりのゲーム数を45ゲームぐらいまで上げないと、下限規制をクリアできない」という。

現在、主流の仕様が今後は販売できなくなるだけに、パチスロ市場に与える影響は甚大になること必至だ。

(引用元遊戯日本様)

パチスロバカ一代のてつさんがこちらで滅茶苦茶わかりやすく解説してくれています。

ホールにあるほとんどの機種がAT機であることを踏まえると今回の規制は大打撃を与えるものとなります。

私は業界の方と微塵の繋がりもないので、詳しいことはわかりませんが6号機に移行という噂も聞いています。

規制の原因とは??

ドリームジャンボの一撃フラグだったり、パチンコ税の警察すっとぼけだったり色々と噂されてはいますが私はそれが根本的な原因だとは思いません。

4号機と同じようにやり過ぎてしまったことが原因です。

・なぜ、今なのか??

やりすぎたというのは高純増の荒い機種が登場しすぎたせいということです。
業界の方と親しいてつさんも「そろそろだろう」と今回の規制のようなものがいずれくると仰ってますし、少なからずとして業界側は予兆していたんでしょう。
ただ、予期せぬことだったのは2週間後という急な規制です。
これはおそらく、4号機の際にあったメーカーの検定の駆け込みを防ぐためかと思われます。

規制の原因の追究

○○が悪いせいで規制がより厳しくなったんだ!!

そんな追究の仕方をしても意味はありません。
同じ業界内で責任を押し付け合ったところで何1つ変化はありません。

それでは「業界の未来」は変わりません。

規制によって業界が傾くのは「業界の全て」が原因です。

全てとは

メーカーも

ホールも

私たちユーザーも

それぞれの悪いところが混ざり合って現在があるんです。
その原因を各々がきちんと把握して対処しなければ、今回の規制は業界を
「傾ける」だけに飽き足らず「沈ませ」ます。

業界を船に例えます

海に潜む魔物は3者の悪いところです。
その魔物が発した4号機廃止という津波は船体(業界)を大きく傾けました。

その後も様々な問題から船体は傾き続けています。
なぜなら、乗組員たち3者は船を協力して直すことをしなかったからです。

ユーザーは傾いた船に見切りをつけて小舟で去るか、ホールに言われるがままにオールを漕ぎ続け

ホールは残ったユーザーを疲弊し続け

メーカーは望むままに舵を切り続けました。

その結果がこれです。

売上(億円)参加人口(万人)
20052874901710
20062745501660
20072298001450
20082171601580
20092106501720
20101938001670
20111889601260
20121906601110
2013188180970

(引用元日本遊技関連事業協会様)

※2007年9月30日4号機完全撤去

そして、2014年、2015年の結果は増税の影響間違いなくを受けるでしょう。
なにより、AT機、ART機の新台が規制され4号機のベニヤ板時代が再来する恐れもあります。

その状態は「傾いた」なんて楽観的な言葉を使う余裕はありません。
間違いなくこのままでは「沈んで」いきます。

どういうことか??というと

4号機廃止の時は傾く程度で済みました。
まだある程度は業界に余力があったからです。
でも、今余力はありません。

数値から見る業界の余力

表の2013年と2007年とでは大きく数字が異なります。
異なりすぎます。
数値でみる以上に負担額は間違いなく増えています。

昔より情報伝達の手段が発達したためです。
(ユーザーが知識を手に入れやすくなったぶん知識を手に入れない人達の負担が増えてしまった)

特にこの根拠が色濃く現れるのは2012年以降です。
イベントが禁止されてからは
「イベント禁止だし、お客を呼ぶために設定を入れるしかない」
と多くの方が思っていたことだと思います。

しかし、現実はどうでしたか??

多くのホールは今読者さんが思った通りです。

その結果が2010年と2012年以降の比較です。

・遊戯人口は減れども、売り上げは変わらない

つまり

1人辺りの負担が表の数値以上に増えた

これが余力のない根拠です。

先ほど、ユーザー、ホール、メーカーの悪い部分が海の魔物を作り出していると例えました。
一つずつその問題点を明確にしていこうと思います。

ユーザー
私たちは娯楽という価値をお金で買うというこの業界の消費者=エンドユーザーです。

この業界でエンドユーザーである私たちは、様々な機種からそれを自由に選び、娯楽を買っています。
逆に言えば、様々な機種を作るメーカーはその選択権を掴みとるために私たちの望むものを提供しようとします。

メーカーもユーザーである私たちに
「飽きてほしくない」
とか
「楽しんでもらいたい」
と考えて台を制作しています。
過去、4号機で爆裂機が人気が出たという根拠を元に5号機もそれに近づけようとしてますし。

ヒット作の続編もそうですよね。
前作が売れたから続編を出すわけです。

その結果

4号機も5号機の規制も両者とも対象になった原因は「爆裂機」となってしまいました。
ユーザーの希望に可能な限り答えようとメーカーが危ない綱渡りをしていたんですね。

規制が厳しくなれば、娯楽というものも当然縮小し、ユーザーはこの業界に見切りをつけてしまいます。
つまり、小舟で去ってしまうわけです。

ホール
ホールはユーザーに対して娯楽を提供する場所を提供する立場です。
そして、メーカーの売り相手です。

メールや店頭でユーザーに呼びかけて、イベントで集客する仕組みが王道パターンでしたが4号機廃止からホール数とユーザーの数が釣り合わなくなり、新台入れ替え以外で集客ができなくなってしまいました。
そして
沸騰する新台の価格と経営の悪化から還元率が下がり、結果としてぼったくりホールになってしまいます。

仮に利益を削って還元率を上げたところで、新規ユーザーを抱え込まなければその場しのぎにしかなりませんし。

ある意味で一番の被害者なのではないかと個人的に思っています。
どう考えても八方塞がりですからね。

もちろん
・娯楽が増えた。
・ボッタイベントが存在した。
とか他にも理由がありますが・・・・。

メーカー
メーカーの売り相手はホールです。
ホールが潰れるということは、メーカーも売り相手が減ることになります。

ホールはどんどん減っていく状況ですから、早く売るに越したことはないってことですよね。
だから、新台を出す速度は上がるしホール側も新台さえ入れられれば、何とかなるから買い続けます。

作る台もできる限りユーザーのニーズに答えようとすれば、規制のルールの中ではそのうち飽和してしまいます。
だからメーカー側も規制との綱渡りをしないといけなくなります。

ユーザーの問題、ホールの問題、メーカーの問題この3つが負のスパイラルを作っています。
だからこそ、新台しか打たないユーザーだけが、ホールだけが、メーカーだけがという

○○が悪いわけでなく、この3者が今一度パチスロ業界を考え直す必要があると私は感じています。

~業界の未来を変えるために~

私がこの記事に最初になんと問いかけたか覚えていますか??

私は
「あなたは、はじめてスロットを打った時の感動を覚えていますか?」
と問いかけました。

少し、はじめて打ったときを思い返してください。

興奮しました?

楽しかった?

メダルを初めて入れたときは?

レバーを初めて叩いたときは?

はじめて当りを引いた瞬間は?

7を初めて揃えたときは?

フリーズを初めて引いたときは?

メダルを初めてドル箱に積めたときは?

沢山出たからカチモリに挑戦したときは?

メダルを沢山流したときは?

はじめて朝から並んだときは?

最強にパチスロっておもしれぇなって

そんな風に思いませんでしたか。

パチスロは漫画にも、アニメにも、ゲームにも、カラオケにもないあなただけが感じる面白さ、楽しさはありませんでしたか。

面白い機種を作って、それを提供する場所があって、それを遊戯する私たちが面白いと感じたからこそ、こんなに大きい業界ができました。
日本の人口1億2000万のうち3000万人遊戯人口がいたんですよ?
しかも対象者は18歳以上で。

こんなに面白い遊び、他にあるわけないじゃないですか。

だからこの業界の未来のために、この業界に携わる方々全員に問いかけたいと思い記事を書きました。

現状いま設置してあるAT機、ART機は検定が切れるまでの期間は大丈夫だといわれています。
この期間が業界を変えるラストチャンスだと私は思います。

この業界を変えるためには

風当りの良い業界を目指す

つまり、悪いイメージをなくすことです。

ギャンブルという明らかに娯楽<<<<<<<<<<<ギャンブルとなっている黒いイメージを払うことです。 他の黒いイメージも当然です。(ね、お○○りさん☆) ユーザーの新規参入なくして、立て直しは無理だと思います。 趣味はパチスロ!! 自信をもってそう言える日がそう近くない日に訪れるよう心から願います。 以上になります♪ もし、共感頂けたならポチっとください にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

関連記事

  1. 全力でパチンコ屋の集客について考えてみた。

  2. ぽのくんの最高一撃獲得枚数~ぽのくんは一撃で最高何枚の出玉を出し…

  3. 2014年総合収支発表!!! 2015年度の抱負

  4. あにまーるさんからメルマガが届きましたー♪

  5. IvIuByYMblbi3Ts1452278331_1452278336

    あけましておめでとうございます。

  6. アイムジャグラー ~REG中に遊ぶブドウを揃えない打ち方~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

初めまして、ぽのくんと申します。
個人で稼ぐ世界にあこがれてブログをはじめました!!
詳しいプロフィールは画像をクリック!!
当ブログはパチスロで稼ぐテクニックの記事がメインコンテンツとなっています♪
何かお問い合わせ、ご質問があればこちらから^^

アクセスランキング参加中!!

毎日、クリックに応じて順位が決まるブログランキングに参加しています!
もし、記事が面白かったり、ためになったと感じたらクリックして頂けると嬉しいです♪
⇩ ⇩ ⇩
にほんブログ村 スロットブログへ
ページ上部へ戻る